活動報告・トピックス(2016年6月)

REPORT & TOPICS

練習試合 VS瀬田工

date : 2016-06-18

6月18日(土)に膳所高校第一グラウンドにて、瀬田工業高校との練習試合が行われました。


【1試合目】


前後半20分の試合です。

同日に滋賀県の選抜強化試合があったため、2年生主体のチームで臨みました。


前半、トライを取られそうになりますが、相手チームのノックオンに助けられます。

ATもペナルティやミスが続き、トライにつなげる事が出来ませんでした。


後半、相手チームのミスを生かすことが出来ず、サポートも不十分でした。

前後半を通し、敵陣でのプレーがあまり見られませんでした。


前 半 膳 所  0-12 瀬田工


後 半 膳 所  0- 7 瀬田工 


膳 所0-19瀬田工


【2試合目】


前後半15分で行われた1年生の初試合です。


前半、ボールのキャッチミスは何度かありましたが、1回もペナルティがなく、トライにつなげることが出来ました。
後半、状況判断がまだ上手くできず、選択ミスをしてしまう事がありましたが、コールもよく聞こえて、1年生のこれからが楽しみになる試合でした。


前 半 膳 所 7-0 瀬田工


後 半 膳 所 7-0 瀬田工 

 

膳 所14-0瀬田工


【選手コメント】


2年 中川

今日は2年生中心のチームで戦いました。特にフォワードは課題がはっきりとしました。

初歩的なミスが多く、やりたいことが全くできていなかったと思います。

2年生のフォワードは危機感をもって、練習の意識から変えていかなければならないと思いました。

また、足りない部分は自主練習などで補っていかなければならないと思いました。

僕も課題が残りました。タックルを飛び込んでしまうクセを直していきたいです。

今度の試合はもっとボールをもらいにいこうと思います。1年生からも刺激をうけました。

今日の試合の反省を生かして、次の試合にのぞみたいです。


1年 山本
今日、1年生は初めての試合でした。不安がある中、声をかけ合って盛り上げることができ、初勝利することができました。
試合内容としては相手陣でのプレーを中心にすることで、トライを決めることができ、相手に得点されることを防げました。
試合には勝てたものの、ハンドリングミスが何度かあったので、普段の練習から意識したいと思います。

また、確実なパスを送れるようにするなど、多くの課題が見つかりました。

一人一人が自分自身の課題を意識し、また、互いに指摘しあい、それを日々の練習で確実に解決することで、チーム全体と

して強くなっていきたいです。



暑い中、応援に駆けつけて下さった保護者の皆様、対戦していただいた瀬田工業高校の皆様、ありがとうございました。 

春季総体決勝 VS光泉

date : 2016-06-11

6月11日(土)に皇子山陸上競技場にて、春季総体の決勝が行われました。

膳所高校は光泉高校と対戦しました。試合は前後半30分です。


前半、膳所のタックルミスから先制トライを取られてしまいます。

その後、トライを1本返しますが、チャンスをものにできないばかりか、自分たちのミスから相手に得点を許してしまい、

点差が広がってしまいます。


後半、良いタックルも何度か見られましたが、流れを変えることができません。

前半同様、チャンスは何度かありましたが相手に抑えられ、トライにつなげることができず無得点で後半を終えました。


前 半 膳 所  5-36 光 泉


後 半 膳 所  0-28 光 泉


膳 所5-64光 泉


【選手コメント】


3年 竹岡

(膳所高校にとって、春季)総体では久しぶりの決勝で、アップからいい雰囲気で臨めたと思います。

試合は大差で負けてしまいましたが、冬の新人戦よりも確実に成長できていたと思います。

モールでトライをとり、敵陣深くまで何回も攻め込めました。ディフェンスでもしばしばいい面があったと思います。

しかし、試合中に怪我人が多く出てしまい、フィジカルの強さや体重の差を感じました。秋に向けてまず向上してくては

ならない1番の要素だと思いました。応援に来てくれた方々ありがとうございました。



応援に駆けつけてくださった保護者やOB・OGの皆様、ありがとうございました。

春季総体準決勝 VS滋賀学園

date : 2016-06-04

6月4日(土)に八幡工業高校グラウンドにて、春季総体の準決勝が行われました。

膳所高校は滋賀学園高校と対戦しました。試合は前後半30分です。


前半は自分たちのミスやペナルティから試合の流れを悪くしてしまい、波に乗ることが出来ません。

相手に2点をリードされ、折り返します。

後半、序盤にトライを決めて優位に立つと、その後も敵陣でプレイすることが出来ました。

ディフェンスも自陣ゴール前で体を張り、相手にトライを許しませんでした。


前 半 膳 所 12-14 滋賀学園

後 半 膳 所 26- 0 滋賀学園

膳 所38-14滋賀学園

【選手コメント】

3年 早川

『相手を圧倒する』という目標を掲げ、臨んだ準決勝でしたが、今回の試合も膳所のウィークポイントであるスロースタートの課題が浮かび上がるものとなってしまいました。AT面ではサポートの遅さ、オフェンスラインの浅さなど、DF面ではバックスがあっさりと抜かれピンチを広げるといったところなど、修正すべき点も多々見つかりました。

その一方で『走り勝つ』というもう1つの目標は、日頃の練習の成果もあり、なんとか達成できたように感じます。

決勝の光泉戦では、今回浮かび上がった課題をしっかり修正して、新人戦での大敗の借りを返したいと思います。

冬の間に積み上げた特訓の成果を十分に発揮できるような試合をしていきたいです。


3年 中川

滋賀学園戦は膳所高校にとって初戦であり、全員でいいスタートになるよう取り組んできました。

しかし、思ったようなプレーができず、逆に滋賀学園の思う攻撃をさせてしまいました。その結果を受け止め、ミーティングの内容を踏まえて、もう1度次の光泉戦に向けて気を引き締めて、全員で取り組んでいきます。



応援に駆けつけてくださった保護者やOB・OGの皆様、ありがとうございました。