2018年度部員集合写真

2018年度部員集合写真

活動報告・トピックス(最新情報)

練習試合 vs石山・vs東大津

date : 2018-11-13

11月10日(土)

新チームとして初ゲームを行いました。

対戦相手は石山高校と東大津高校でした。

膳所高校は、ケガ人の関係で7人制ゲームのみの参戦です。

膳所12-12石山
膳所21-20東大津

1年生のDFに、大きな課題が残りました。抜本的な対策が求められる状況です。

対戦相手になってくださった、石山高校及び東大津高校の皆様、ありがとうございました。

また、応援に駆けつけてくださった保護者の方にも感謝申し上げます。ありがとうございました。

一つ一つ、クリアして参ります。

応援よろしくお願い申し上げます。

秋季大会結果(第3位)を校長に報告。

date : 2018-11-06

秋季大会の結果を、校長先生に報告して参りました。

ここまでラグビーに打ち込んだ三年生からの報告となりました。

校長先生からの提案で、三年生の一人ずつから、この三年間のラグビー経験で得たことを話してもらいました。

Z.R.F.Cでの経験が、彼らの今後の人生に活きることを確信しております。

秋季大会 準決勝戦 vs光泉

date : 2018-11-05

11月4日(日)

秋季大会の準決勝戦。対戦相手は光泉高校でした。

前半の序盤から、キックを絡めて敵陣まで攻め入りますが、波状攻撃には至らず、トライにつながりません。

セットDFでは、ギャップを突かれて安易に抜かれることなく、良いタックルも多く見られました。しかし、ダブルタックルがうまくいかず、マイボールにすることができません。

DFフェイズを重ねるたびに、強力なフィジカルとスピードで押し込まれ、戻り切れずにオフサイドの反則を出してしまいます。また、モールをはじめとする光泉高校の強力なフォワードATにトライを連続で奪われてしまいました。

後半、セットDFで相手にプレッシャーをかけることができ、相手のミスを誘発してマイボールを得ますが、そこからのキックATに対応され、チャンスを活かしきれません。

また、前半同様、DFフェイズを重ねるたびに反則を犯してしまい、要所で相手フォワードに押し込まれてトライを奪われるシーンが続きます。

一方、相手の反則から再三チャンスを得ますが、相手の強いプレッシャーに起因するミスが起こり、プラン通りのプレーができませんでした。ただ、敵陣ではマイボールをキープし続けることを優先、という方針のもと、じわじわとトライラインまで5メートルの地点まで攻め入ります。キャプテン・加藤の一撃も絡めて、残り1メートル。フォワードのサイドATを連続。

しかし、トライまで、あと一歩、及びませんでした。

死力を尽くしましたが、力及ばず、敗退しました。

ただ、一歩でも前へ、ゲインしようという強い意志が感じられたプレー内容でした。

彼らは、最後まで、あきらめませんでした。

ここまで応援してくださった皆様に深謝申し上げます。とくに、三年生の彼らがZ.R.F.C入班当初よりチームを支えてくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 

OB NEWS

酷暑、炎暑が過ぎたか思うと、猛烈な台風の続く年です。
みなさんお変わりありませんか?

8月29日配信でお知らせした
ドミニカの青年海外協力隊員、荒井さん(08年卒)の
農村支援(道路改良)のための寄付呼びかけ。
本人から「目標額に達しました」と連絡がありました。
フェイスブック「支部」には本人から報告できるのですが、
HPはセキュリティー上、投稿できる者が限られております。
「コピペ」ですが、荒井さんからの報告、ぜひお読みください。
今後の活躍と安全を祈念しております!


七夕開催だったOB会総会の資料をおそまきながらアップしました。
一部、書き込みもありますように、
関東部会が発足しました。
昨年のセブンズ全国大会出場では
ずいぶんと盛り上げに活躍してくださいました。
部会長は88年卒の住田さん、副部会長は同じく88年卒の元持さん。
花園初出場のエイトとCTBです。
セブンズ出場での支援の明細もあげております。
東京が会場ですと、宿泊費の負担が大きくなりますね。
(今年は菅平開催に戻っていました)

ドミニカで青年海外協力隊員をつとめる若手OBの話題です。
2008年卒の荒井孝雄さんから
「私の活動をPRしてもかまいませんか」との旨、連絡がありました。
子供たちが安全に通学できるよう、
180メートル分の道路を舗装する資金を呼びかけるものでした。