ラグビー班紹介

ABOUT OUR CLUB

部長・監督より

奥村 亮

膳所高校ラグビー班 部長 
奥村 亮

「One for all , all for one」(一人はみんなのために、みんなは一人のために)
ラグビーを表す言葉としてよく使われますが、それを実行するには一人一人が"本気で"チーム(仲間)のことを考え、行動しなければなりません。
必死になって、集中して、時には熱く、時には冷静に、自分の感情を表す。その積み重ねが仲間との「信頼」、チームの「結束」につながります。そのような感覚を得にくい現代だからこそ、ラグビーを通して彼らが学んでいけるよう支えていきたいと考えています。
このページを御覧の皆様、いつもありがとうございます。そして、また是非グランドへお越し下さい。

森 祥太郎

膳所高校ラグビー班 監督 
森 祥太郎

私はZ.R.F.Cのメンバーに日々求めていることがあります。それは、すべては繋がっていることを意識して行動せよ、ということです。具体的には、フィールドにおけるプレー中のみならず、プレー外での動きとコミュニケーションを大切にすること。さらに、フィールド内のみならず、フィールド外における常識のレベルを上げることです。なぜなら、プレーの成否を左右する真の原因は、OFF THE FIELDにあることが多いからです。OFF THE FIELDを見直すことで、物事に向き合う際の根本的なレベルを上げ、結果的にON THE FIELDのプレーをレベルアップさせる。そうして、ラグビーを通じて人間力を涵養してほしい、と切に願っております。
我々は、「花園出場」と「人間的成長」を目標として尽力していきます。今後とも、膳所高校ラグビー班に温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

山本 陽司

膳所高校ラグビー班 顧問 
山本 陽司

富永 清剛

膳所高校ラグビー班 顧問 
富永 清剛

コーチングスタッフ

  • チームドクター:麻生 伸一
  • BKコーチ:水野 智章
  • トレーナー:中村 紀仁

BLACK BACKS

2000年に膳所高校ラグビー部の愛称として部員の皆が愛着を持ってプレーできるように、 また他の人たちからも学校としてだけ見られるのではなくチームとしてみてもらえるように、 ラグビー部OBで平成2年卒業の竹末氏が命名してくださいました。

ファーストジャージの黒と昔からエンブレムにもなっている鹿を元にして考案されました。 同時にロゴ(左図)も作っていただき、現在も Tシャツや応援に使用するボード等にプリントされています。

またロゴには『What are we playing rugby for?』とも入っています。 これはラグビーをプレーする中で、きっかけも様々だったように様々なモチベーション があっても良いのではないかという意味が 込められています。 ただその先にはチームを思う気持ちは全員同じだ、チームのためにチームメイトのためにプレーする、 という共通の想いも込められています。