活動報告・トピックス(2012年9月)

REPORT & TOPICS

天理教校学園遠征

date : 2012-09-24

9月23日に天理大グラウンドにて天理教校学園と試合をしました。この日はあい
にくの雨でしたが、温度や湿度も高くなく快適な日でした。
秋季大会も迫ってきているということで、数少ない一つ一つの試合を活かそうと
いう気持ちで臨みました。

A戦は30分×2本で行われました。
膳所は最初の相手のドロップキックをキャッチミスからいきなりトライを許して
しまいます。相手の速いブレイクダウンについていけないせいでDFが 乱れた
り、モールに入る暇さえなくどんどんゲインされるといったことがしばしば見ら
れ、点を重ねられてしまいました。タックルも甘く、相手の動き をあまり抑え
られてはいませんでした。膳所は前半を無得点のまま0-46で終えます。
気をひきしめて後半に臨みました。前半とはうってかわって、開始のキックから
ボールを押し進めて序盤に膳所がトライを決めました。続いて敵陣に攻 めいり
ますが、キャッチミスやラインアウトでのミスなどで貴重なチャンスをないがし
ろにしてしまい、なかなかトライに繋げられませんでした。終盤 になるとDFの
ボロが目立ち、皆積極的にタックルにいっていたものの、カバーしきれず点を重
ねられてしまいました。
今日は雨だったとはいえラインアウトは先週の朝明合宿でも上手くいっていな
かったので、もっと修正していかなければいけないと感じました。

膳所A     
5-63    
天理A

続いてB戦です。25分ハーフで行われました。
半分ほどはA戦と同じメンバーでしたが、見ていてあまり疲れも感じられず、敵
陣に攻め込んで良い入りができました。モールやスクラムでは少し不安 定で押
され気味でしたが、上手くボールを繋げて先制点まで繋げることができました。
後半になるにつれてA戦と同じようにDFが崩れてしまったとき もありましたが、
渾身のタックルで相手を抑えて失点を食い止められました。

膳所B       
5-0       
天理B

C戦は20分ハーフのノーコンテストで行われました。

膳所C       
0-12       
天理C

9月も半分が過ぎ、大会開幕まであと1ヶ月ほどしか残されてません。10月には中
間考査も挟むので、練習時間は決して多くは残されていません。大 会までの、
残りの数回ほどしかない試合、日々のわずかな練習時間を最大限に活かして残り
1ヶ月真剣に練習に取り組みたいと思います。

今日の遠征に際して天理教校学園さんのご厚意により、大学の人口芝を使わせて
頂き、加えてバスでそこまで送迎して頂きました。天理教校学園の皆さ んあり
がとうございました。

朝明遠征合宿(新)コメント

date : 2012-09-21

9月16日から17日にかけて三重県の朝明高校にて合宿を行いました。
【1日目】
1日目は朝明高校との試合と合同練習です。朝明高校は今年度の春の県大会においても優勝なさっている、強豪校の一つです。
この日は台風による影響もなく、蒸し暑い快晴となりました。
試合はA戦が25分ハーフ、B・Cが20分ハーフです。

最初はB戦です。序盤からタックルで相手からボールを奪い、開始1分で先制点を得ました。それからも敵陣に停滞しましたが、ノッコンでチャンスをいくつも無駄にしてしまいました。朝明はラインアウトでもしつこく妨害してきて、何度かボールを取られてしまいました。固いDFで朝明の猛攻を抑えるも、終盤に1
トライを許してしまい、惜しくも同点に終わりました。
ラインアウトを修正してA戦に臨みましたが、A戦でもあまり改善できず敵にボールが渡ってしまいました。マイボールスクラムでもボールを奪われたので、なかなかボールをキープすることができませんでした。朝明Bに比べて朝明Aは体格も更に大きく、膳所1人のタックルでは倒しきれないことが多々あり、相手に何人も連続で抜かれてどんどん自陣に入られてしまいます。そのように攻め入られ続けた結果、点差が大きく開いてしまいました。
最後に互いに1年生メインでC戦を行いました。タックルで相手をしつこく倒し、中盤で一気に敵陣に攻め込むも、呼びかけ不足で惜しくもトライに繋ぎきれませんでした。

膳所B  5-5   朝明B
膳所A  0-38 朝明A
膳所C  0-5   朝明C

続いてFW・BK別に合同練習を行いました。FWは朝明A、朝明B、膳所でスクラムとモールの練習を行い、普段のスクラムマシーン相手の練習では学びきれないことを学べました。

【2日目】
2日目は午前が合同練習、午後が練習試合です。朝食はホテルでのバイキングで、各々好きなものを好きなだけ食べて、朝明高校までバスで移動しました。

朝明高校、神戸科学技術高校との合同練習をさせていただきました。FW、BKにわかれての練習です。
BKはアタックディフェンスをローテーションで行っていました。一年生も交え、サインの確認などもしていました。
FWはスクラムとモールを組みました。相手校は身体つきのいい方が多く、力もとても強かったように思います。
強豪校との合同練習で、体格の違いや声の出し方など、本校に足りない物に気づくことが出来ました。これからの練習でも足りない物を埋めるように、良い所はさらに伸ばすよう、意識して練習に取り組みたいと思います。

昼食をとって、午後からは試合を行いました。
1試合目は神戸科学高校Bチームと膳所高校Bチームが対戦しました。
膳所はあと少しのところでミスをして、トライを逃すという惜しい場面がありました。そして試合中盤、モールで押されトライを決められてしまいました。その後、タックルに行こうとする姿勢も見られましたが思うようにはいかず、無得点で試合終了となりました。

膳所B  0-12 神戸科学技術B

2試合目は尾道高校Bチームと膳所高校Aチームが対戦しました。
開始3分、ラインアウトで相手にボールが渡りそのままトライを許してしまいます。しかしその後、膳所も相手のミスからボールを奪いトライを決めました。
けれども以降は自陣に攻め込まれ続け、立て続けに2本のトライを奪われます。
さらに試合終了間際、モールで相手ゴール前まで進みましたが、その後のパスミスから相手にボールが渡り、トライを決められてしまいました。

膳所A  7-22 尾道B

3試合目は神戸科学技術高校Cチームと膳所高校Cチームが対戦しました。
初めは相手の勢いに圧倒されてなかなか攻めることができませんでした。しかし、スクラムやラインアウトでは練習の成果があり、対等に勝負することができました。スクラムは押し勝つ場面も見られました。
相手にトライを取られたあと、懸命にタックルへ行き、最後にはトライを決めることができました。

膳所C  5-5  神戸科学技術C

7時ごろに膳所高校に到着して解散しました。

朝明高校まで応援に駆けつけてくださった保護者の方々にはお礼を申し上げます。ありがとうございました。

朝明遠征合宿コメント

date : 2012-09-19

キャプテン 中村
「今回は3年生にケガ人が多い中、特に下級生が試合で頑張ってくれました。僕
自身は判断ミスや失敗が重なってしまい不甲斐ない結果でした。ただ、 チーム
として少しずつディフェンスには粘りが出てきたと思います。一人一人がもっと
体を張ったプレーができるよう、練習日も残り少なくなりました が全員で頑張
ります。」

副キャプテン 森
「今回の朝明合宿では自分たちの課題が多く見つかりました。最近の課題であっ
たディフェンスは良くはなったと思いますがゴール前での粘り強さや三 次、四
次攻撃された際のディフェンスはまだ安定していないように感じました。セット
プレーもまだまだ安定していないので、来週の天理遠征までに調 節したいと思
います。」

3年 坂本
「今回の合宿では、朝明高校を中心に、全国レベルのチームと試合を出来ました。
普段は強豪校と試合をすることは少ないので、今回の貴重な経験を、八工や光泉
戦で活かしていきたいです。」

3年 平田
「朝明合宿「観戦ツアー」はなかなかもどかしいものがありました。とくにセッ
トプレーでは自分のところを空けてしまったので、他のメンバーに迷惑 かけて
しまいました。ごめんなさい。今回は相手がとても強いこと以上に、体格の差を
感じました。いったい何を食べればあんなに大きくなるのでしょ うか。
まだまだ至らぬところが見つかった合宿になったので、自分はけがを早く治し
て、チームも万全の体制にもっていければいいなと思います。」

3年 籔内
「今回の合宿では多くの強豪校と試合が出来ていい経験になりました。
練習でしてきたことがだんだん身についてきているので、より精度を上げていき
たいです。また、各個人の強さで負けてしまっている場面があったの で、一人
一人がもっと強くならないといけないと感じました。秋大会まで1ヶ月半ほどし
かないので今まで以上に頑張っていきたいです。」

2年 糸井
「これまでの練習でやってきたことを、ある程度試合でも活かすことができるよ
うになったと感じました。しかし、まだまだ対応しきれていない部分も 多いの
で、より試合を想定して練習に取り組めるよう努めたいです。」

2年 松本
「朝明合宿では、強いチームと試合や合同練ができて、いつも以上に得るものが
多かったと思います。特に、一日目の試合が終わったあとの朝明との合 同練
は、かなりハードでしたが、その分達成感もあり、かつ、こちらの弱点を発見す
るいい機会でした。ただ、怪我人が多かったのは残念でした。今後 の調整にど
れだけ支障が出るか、と考えると不安です。なるべく怪我をしないように、ま
た、怪我を早く治すことが必要不可欠だと感じました。」

1年 伊勢村
「今回の合宿は二日間という短い期間でしたが、多くのものを得ることができま
した。僕は今回A選抜、B選抜、C選抜全て出場させていただきました が、特にC
選抜では自チームのトライも出るなど、前回の合宿からの成長が見られたと思い
ます。それと同時に新たな課題も見つかったので、今後の練 習でもこの合宿で
学んだことをいかしていきたいです。」

1年 稲垣
「今回の合宿では全国レベルのチームと練習、試合をさせて頂き、自分の良いと
ころと悪いところが見えてきた二日間でした。とくにFWのスクラムで は組んで
いくなかで自分なりに発見もあり、すごくよい練習になりました。この二日間で
学んだこと生かし、これからの練習も頑張っていきたいと感じ ました。」

1年 井ノ尾
「初めてのA戦デビューで試合前は緊張したけど自分の出せる力を出せてよかっ
た。知らないことだらけでプレーでは先輩に迷惑かけたけどその分得ら れたも
のはとても大きかった。そしてこれからの課題も見つかって次に繋げられるよい
遠征になった。
この経験からさらに自分を高めていきたい。」

1年 重吉
「今回の合宿では試合でのスクラムの際、ほとんど相手を押し、毎日の練習の成
果が出て良かったです。また、ディフェンスのポジショニングも菅平合 宿に比
べ、良くなっていたので良かったです。しかし、フッキングでのミス、タックル
の時の恐怖心によるミスが多々あったので、個人のスキルを上 げ、チームに貢
献していきたいです。」

1年 壺内
「朝明合宿は、今までの試合より自分の課題がはっきりと自覚できた。一年の自
分は、試合のなかでするべきことがわからないところがあった。できて いない
のに自分では気づけなかったところにも、今回把握できたので、お互いのために
ダメ出しをするのことの大切さもよく理解できた。」